ライフスタイル

【主夫】と【育休】が働き方や生き方を変える?!ワークバランス革命の波はすぐそこに!

パパ 子供 抱っこ

近年、世の中に浸透してきた主夫(しゅふ)』という存在。

筆者自体、未婚なのですが気になる存在です。

  • ワークバランス革命
  • 女性の働き方改善

時代と共に男女の働き方や、在り方に変化が訪れているのです。

そこでキーパーソンとなる存在が、主夫なのです。

今回は、専業主婦・主夫・兼業主夫についての実態をリサーチしてみました。

主夫業に興味がある方必見!

まずは主夫という存在がどのようなものか、その概念から触れてみましょう。

Contents

そもそも『主夫(しゅふ)』とは?

主夫 絵本 子供

そもそも、主夫(しゅふ)とはどのような人物や役割のことを表す言葉なのでしょうか?

理解している方も、なんとなくしか考えた事がなかった方もあらためておさらい!

『主夫』語源の意味

主夫という言葉の語源は、以下の様に説明されていました。

しゅ ふ [1] 【主夫】 〔主婦をもじっていう語〕 家庭にあって、家事・育児などを担う夫。ハウスハズバンドとも。

引用主:夫(しゅふ)とは – 主夫の読み方 Weblio辞書

なるほど、分かりやすい。

主夫の元々の語源は主婦であり、男性が家事や育児を行うことで『主夫』になったということ。

英語で言うと『ハウスハズバンド(house husband)』になるのですね、なるほと。

主夫はいつ頃から根付いた?

主夫という存在が日本に広まった背景は、『イクメン』という言葉の浸透と共に広まったのだと筆者は考えています。

主夫の存在を政府が確認して調査し始めたのはつい最近、1990年代~2000年代頃です。

国内誌で大々的に主夫を取り上げた企画と思われるのが、2005年11月号発行の『ケイコとマナブ』の企画・『幸せの方程式』でしょう。

幸せの方程式

引用:何が変わった? 何が変わらない?? 「スーパー主夫」が見た日本男児の10年│mazecoze研究所

それが現在ではどのように変化したのでしょう?

サラリーマン人生にうんざりしていたら、「専業主夫」という道もある。いまや主夫は11万人。「『専業主夫』になりたい男たち」の著者、白河桃子氏に聞いた。

引用:いまや11万人 “専業主夫”に向く男性「5つの共通点」とは|日刊ゲンダイDIGITAL

2005年、そして2016年に発信された情報を振り返っても、やはり現在主夫に注目が集まるのもうなずけます。

世界初の主夫はまさかの『ビートルズ』だった!?

pink 眼鏡

正直なところ、人類史上最初の主夫が誰だったのか確かめようがないのですが、史実的に確認できるなら彼が最初の主夫です。

それは、ビートルズのジョン・レノンさん。

彼は2人目の息子さんが生まれた1974年頃から、家事や育児を担当していたとの事。

元々育児が得意ではなかったようですが、そこはイマジネーションが豊富なアーティスト。

家計やビジネスよりも、育児や家事の方が合っていたようです。

妻であるオノ・ヨーコさんが金銭の管理やビジネスを担当。

色々な側面でムーブメントを起こした彼ら、まさか主夫の先駆けだったとは驚きです。

主夫についてどう思う?世間の声をリサーチ!

存在が浸透してきたとは言え、主夫については様々な意見があるようです。

今回は『主夫について、どう思う?|ラララとらばーゆ総研100人調査』のアンケートを参考にしてみます。

主夫 アンケート

引用:主夫について、どう思う?|ラララとらばーゆ総研100人調査

このアンケートでは、全体の3割が主夫に賛成しています。

私が思っているより反対派が多いと思ったのですが、2008年のアンケートだったので納得。

今はもっと賛成派が増えていることでしょう。

主夫という存在には賛成とするいう意見が7割にのぼる別アンケートもありましたが、自分の夫が主夫になるとなると上記の様に反対する方が大多数に。

しかし現在、主夫という言葉が度々メディアを賑わせています。

注目されている理由は一体何なのでしょう?

なぜ今【主夫】が注目されているのか?

筆者が思うに、政府の政策が色濃く反映された結果『主夫(しゅふ)』という存在が浸透してきたのだと考えています。

その発端になったと思われる会議が男女共同参画推進連携会議 「2020年30%」です。

2020年30%

引用:「2020年30%」の目標の実現に向けて | 内閣府男女共同参画局

上記画像でもあるように、政府は女性の社会進出や雇用、役職の向上に力を入れています。

また現在では、女性の専業主婦率も低下し共働き世帯が増えています。

それにも関わらず、女性が家事や育児に関わる時間は減少したとは言い難い現実があります。

男女,配偶関係別家事関連時間 (平成23 年,28 年)

引用:平成 28 年社会生活基本調査 – 総務省統計局

上記のグラフが表す数値を見ていただければ分かるように、既婚者の男女では家事割いている時間に差があります。

この差がある状態で女性の進出は可能か?

『NO』です。

ええ、絶対的に混乱を招きます。

そうなると考えなければならないのは、男性の在り方です。

「2020年30%」を推し進めるのであれば、男性の家事や育児に関わる時間を今より増やさなければ家計は破綻するのは目に見えています。

とは言え、急に役割について考えたり、主夫になれという乱暴な話ではありません。

ただ、男性も家事や育児を行う当事者としての意識を持たねばならないという事です。

そのためには、次で紹介する『主夫になったきっかけ』を参考にしてみましょう!

主夫になったきっかけは育児休暇(育休)?!

育児休暇

今から主夫になりたいと考えている方は、主夫になったきっかけについて興味があるところでしょう。

個々の違いはありますが、次で紹介する3つのケースが主夫になるきっかけに各当します。

主夫になるきっかけ①育児休暇・育休(いくじきゅうか)

近年、男性の育児休暇取得率について取り上げるメディアも増えています。

そう、主夫になるきっかけの1つが育児休暇(いくじきゅうか)なのです。

女性同様、男性にも育児休暇を取得する義務があります。

パートナーが初産であったり、家事や育児が困難な状況になったりと、取得の理由には個人差があります。

中には育児休暇の取得自体、前向きではなかったという方もいらっしゃいます。

しかしそこで得た経験により、価値観がくつがえされたため、結果として主夫という在り方に至るのです。

主夫になるきっかけ②仕事を辞めた・辞めたかった

元々は、主夫に興味がなかったにもかかわらず仕事を辞めたい、辞めざるえない状況になった事で主夫になったと語る方もいらっしゃいます。

バブル崩壊後、男性の収入はさほど上がらずむしろ責任だけ重くなっている現代。

無理がたたったり、精神的・肉体的に限界がきて仕事を離れるという方もいるでしょう。

むしろ、仕事を離れ家事や育児に触れ、思わぬ自分の適性に気づくなんて事も珍しくないはず!

主夫になるきっかけ③妻の復職・昇進

奥さんの収入が多い、または外に出て働きたいという希望が強い場合は男性が家庭に入るという選択をとるケースもあります。

実は、筆者の知人にそのケースに当てはまる夫婦がいます。

元々、旦那さんの方が家事や育児が得意。性格も内向的で繊細な面があり、仕事のストレスをきに奥さんの方が大黒柱となりました。

今では円満に家庭がまわっています。

彼らを見ていると、家族の新しい在り方をひしひしと感じます。

気になる!日本ではどのぐらい主夫がいるの?

メリーゴーランド 親子

『主夫になりたい!』『しかし、主夫の割合はどのぐらいなのか?』そんな疑問が頭をよぎることもあるでしょう。

そこで、国が行った調査データを元に、国内で生活する主夫の割合をリサーチしてみました。

日本国内の専業主夫率

日本の専業主夫率を調べてみたところ、次のデータを見つけました。

専業主夫率

引用:内閣府男女共同参画局「男性の性別役割分担に関する意識についての項目と諸属性との関連」

このアンケート平成23年度に、男性 3000人、女性 3000人を対象にインターネット調査で抽出したものです。

この時点で、全体の0.4割が専業主夫と答えています。

先にお伝えしましたが、現在国内で主夫として生活している男性の数は国民全体の11万人、12万人とも言われています。

統計や数値では実感がうすいものもありますが、確実に主夫の人口は増加しています。

しかし、『うちは家内が稼いで、僕が家事や育児担当なんです』というパパ友も10人に1人だったのが、5人に1人、3人に1人になる日もすぐ目前に迫っているでしょう。

日本人男性の育児休暇取得率について

「共同参画」2018年201806 | 内閣府男女共同参画局

引用:「共同参画」2018年201806 | 内閣府男女共同参画局

主夫の割合が増えているとはいえ、その第一関門とも言える男性の育児休暇取得率は上記の通りです。

この数値が示すもの、それはまだまだ男性が育児や家事に参加しきれていない現状を表していることに他なりません。

男女の間でこれほどの差があるのが『現状』なのです。

とは言え、この5.14%という数派に当てはまった方々が、家事や育児の重要性に気づき、主夫となるきっかけを見いだしたのです。

育児休暇取得のハードルを越えてこそ、主夫という役割に就けるのかもしれません。

次の項目では、育児休暇について説明してみたいと思います。

海外での主夫や育児休暇の実態

世界地図

主夫という存在は、国内だけに留まらず海外にも!

そこで、日本以外の主夫にスポットを当ててみたいと思います。

海外では主夫っているの?

現在、専業主夫という存在が確認されている国は以下の地域があります。

  • アメリカ・・・2014年時点で約190万人
  • イギリス・・・2000年時点で約1万6千人

他にも、次の様な国で専業主夫が存在しています。

  • フィンランド
  • スウェーデン
  • 台湾

中でも、北欧のフィンランドやスウェーデンは、専業主夫という考え方よりも『男性も育児や家事をするのが当たり前』というスタンスです。

海外での育児休暇取得と情勢

海外では日本以上に教育、出産、育児に力を入れ国家がサポートしています。

例えば、フィンランド。

  • 母親の就労有無にかかわらず誰もが保育園に入れられる
  • 小学校入学前の就学前教育が義務づけられている
  • 「ネウボラ」制度がある※無料で医師や看護師等のプロに相談できる
  • 育児パッケージとして様々な育児用品50アイテムが無償提供される
  • 母親は産前産後の105日間が育児休暇として与えられ、前半56日間は給与の90%、その後は70%が保障される
  • 父親は勤務日54日分、給与の約70〜75%が保障される

何とも手厚い補助で羨ましい限りです。

国をあげて子育てを応援するというなら、ここまで政策を打ち出さないといけないのでは?と日本の政府にも強く言いたくなってしまいます。

海外でも『主夫』や『育児休暇』に注目している

日本だけでなく、海外でも男性が家庭に入り家事や育児を担当する主夫という在り方を支持する動きがあります。

その理由の1つに不況が関係しています。

海外でも女性の社会進出や、企業など目覚ましい活躍があり『稼げる方が稼ぐ』という状態です。

育児に対する常識で言えば、イギリスでは次の様なポイントが。

毎日の子供の送り迎えは必須!
小学校卒業までは日本のように子供だけで通学することは認められておらず、親は必ず子供を学校まで送り迎えをする。その約半数がパパだという。親が行けない場合はベビーシッターなどに頼むことも。

イギリスでは長期出産休業を父親が取得してもいい!
父親は本来持つ2週間の育児休業に加え、50週間の出産休暇を母親の代わりに取ることが法律上認められている。その50週間のうち、3~39週にかけては有給となる。

イギリスは出産費用がかからない!
NHS(国民保険サービス)を利用し出産する場合、医療費は国によってまかなわれるため、検診などす べての費用が無料となる。出産以外の他の医療もNHSであれば無料だ。

引用:日本のイクメンブーム、すべての始まりは英国から!?|FQ JAPAN 男の育児online

治安や情勢の違いもあるとはいえ、法律や習慣として男性の育児や家事が後押しされているのは心強いですね。

仮に、補助金や法律がなくても主夫になりたい!

そう考えているなら、主夫のメリット・デメリットを知っておきましょう。

主夫になりたい!その前に知っておくメリット・デメリット

親子 抱擁

主夫という在り方に憧れる方も増えていますが、メリットやデメリットを把握しておくことは大事!

そこで、どのような事が想定されるのかまとめてみました。

主夫のメリット①子供との時間が増える

言わずもがな、これが最大のメリットであり主夫としての幸せを実感できる出来事ですよね。

日々、子供に接するので生活の多くを一緒に過ごすことができます。

子供好きにはたまりません。

主夫のメリット②女性の苦労が理解できる

元々家事をする習慣がなかった人であれば、育児休暇中や主夫になったことで女性の負担を理解できるはずです。

  • 料理が温かい
  • 家が清潔
  • 衣類が洗濯されている

これらがどれだけありがたい事か、きっと実感できるでしょう。

実感したら、自然に感謝もあらわれ女性に対する尊敬すら生まれます。

主夫のメリット③家族との絆が深まる

子供の事や家事、仕事以外の事に携わるため、自然に家庭内の中心に!

子供と母親の架け橋となり、情報や体験談の共有が行えます。

これらが重なると、自己肯定感が高まり男として、主夫として自分自身に誇りがもてるはず!

主夫のメリット④家事や育児で体力アップ

毎日家事や育児を行うには、それ相応の体力が必要です。

あえてジムに通わずとも、子供を抱きかかえたり、洗濯や調理に勤しめば筋力もつきます。

営業で歩き回った経験が主夫で役立った、なんてこともあるかもしれませんね!

主夫のメリット⑤性別に囚われない考えが持てる

主夫になれば、子育てや教育を通し様々なコミュニティーに参加することも想定されます。

そうなれば、ママ友もできるかもしれません。

女性の育児や家事に対する考えや体験を共有されることで、『男だから』『女だから』という価値観から脱却するきっかけに触れることになるでしょう。

家事育児=女がする

家事育児=男がする

家事育児=得意な方がする&協力して行う

この様な価値観になっていければ理想ですよね!

主夫のデメリット①周囲の目がうざい

これは主夫になる男性に立ちはだかる一番の難関でしょう。

周囲というのは、親であったり友人、職場の人間関係です。

価値観はそれぞれですが、主夫になろうとする際、なってからも横やりを入れてくるでしょう。

しかし、ここで折れてはいけません。

『よそはよそ、うちはうち』の精神で聞き流しましょう!

主夫のデメリット②給料という対価は発生しない

これは、主夫になって慣れてきた頃にふと感じるかもしれません。

朝から晩まで家事や育児に注力しても、『給料0円』です。

それこそ、

朝の5時に起きて朝食を作る子供を幼稚園に送り届けるクリーニングを受け取る食材の買い出掃除、洗濯おやつ、お昼寝の準備夕飯作り食器洗い寝かしつけ

なんてローテーションをこなしても『給料0円』です。

時間にして8時間、いいえ10時間以上費やしても『給料0円』です。

ビックリですよね、自分の母親やその親である祖母達がいかに凄いか実感できます。

主夫のデメリット③やっぱり『おっぱい』は強し 

これは、もう諦めしかありませんが、つい不甲斐ないと感じてしまうことも。

1歳に満たない子供を育てる場合、おっぱいをねだられても与える事ができません。

仕方ないのですが、ちょっと辛い。

打開策として、早めに粉ミルクや加工ミルクに切り替え慣れさせることをお勧めします。

主夫のデメリット④キャリアアップは難しい

これは正直なところ、

  • 職業
  • 勤続状況(年数)
  • 本人のスキル

によります。

企業に所属している場合、昇進や移動等がありますから会社側の意向に沿えない場合、立ち位置や処遇について満足とは言えなくなるかもしれません。

この問題は、育児休暇や主夫になる以前からしっかりとパートナーと話し合いましょう。

主夫のデメリット⑤自分の時間を確保がしづらい

朝の5時に起きて朝食を作る子供を幼稚園に送り届けるクリーニングを受け取る食材の買い出掃除、洗濯おやつ、お昼寝の準備夕飯作り食器洗い寝かしつけ

どうです?

このローテーションの中で、自分の時間を確保する事は難しくないですか?

毎日がこの様な場合もありますし、もっと不測の事態が起こることだってありえます。

(例)

  • 子供の熱・体調不良
  • 妻の出張や接待・残業
  • 行事ごとの準備

子供が手を離れるまで、自分の時間の多くを家事や育児にあてなければならないんです。

しかし、全ては『慣れ』です。

タスクをこなせば、要領も分かり自分の時間を確保することも可能!

また、主夫でもパートナーに頼ってOKですし、周囲の助けも借りてやっていきましょう。

気負わずさえいれば、自分にも余裕は生まれます。

『育児休暇』を取得してプレ主夫デビュー!

公園 子守

先にお伝えしたように、男性が主夫として家庭に入るにはまだまだハードルが高いと言えるのが現状です。

ですから、まずは育児休暇を取得しましょう!

次の項目では、育児休暇についての基本について説明していきます。

取得に向け、そして家事と育児の両立を目指してみましょう!

育児休暇(または育児休業)とは?

育児のか内容

引用:産休&育休 – 厚生労働省

【育児休暇取得の条件】

①育児休暇後も同じ会社で1年以上雇用されている状態である事。

②子供の1歳の誕生日以降も、引き続き雇用継続の見込みがある。

③子供の2歳の誕生日の前々日までに、雇用契約が満了しかつ契約が明らかでない。

育児取得の条件を見る限り、正規職員に就いている方であれば男性でも大抵の場合、育児休暇の取得は可能だと確認できます。

では、非正規雇用にあたる契約社員や、アルバイトの男性はどうなるのか?

契約社員やアルバイトの育児休暇(または育児休業)

非正規雇用 育休

育休:育児休業や介護休業をすることができる有期契約労働者について

①育児休暇後も同じ会社で1年以上雇用されている状態である事。

②子供の1歳6ヶ月の時点で、雇用契約が満了しかつ契約が明らかでない。

非正規雇用の方は、育児休暇取得の申請時に上記2つを満たすことが条件となっています。

男性の育児休暇取は大抵の場合取得可能

上記の画像にもあったように、育児休暇は男女共に取得が可能な制度です。

つまり、子供を産む、産まないに限らず夫婦の間に子供が生まれた場合、条件を満たすことで誰でも取得が可能かつ取得する義務があるのです。

1992年に育児休業法が施行され、2002年には育児介護休業法として定められ浸透してきました。

しかし、男性の育児休暇取得率は右肩上がりとはいきません。

職業や企業の規模、職員の数など様々な問題はあるものの、あらゆる面で変化と改革が期待されています。

職場や自身を取り巻く環境が、育児休暇取得を良しとしない風潮である場合、取得のタイミングを考えて申請してみるのも1つの手でしょう。

育児休暇を取得するタイミング

出産をしない男性が育児休暇を取得するには、タイミングが重要です。

それは周囲に気を使ったタイミングではなく、パートナーを配慮したタイミングに他なりません!

育児休暇を取得するなら、次の3つのポイントで考えてみて下さい。

①【奥さんの産後すぐに取得】

出産後すぐの女性は、体力気力共に消耗状態にあります。

病院で出産し看護師や医師が近くに在中しているとはいえ、パートナーが側にいるだけで安心度は各段に違います。また、この時期から育児や家事に携わっていくと、信頼関係や絆が深まる傾向にあります。

既に、子供がいて2人目の出産といった場合は、産後の数週間は育児休暇にあてた方が賢明でしょう。

②【奥さんの産後3ヶ月後に取得】

この頃は、自宅に戻り育児に専念してんてこ舞いといった状況なはずです。

中には睡眠もろくにとれず、メンタルや体調に不調をきたす方もいらっしゃいます。

この頃に育児休暇を取得することで、パートナーの精神・体調の不調と負担を軽減してあげれば、その後の育児や家事の協力体制もスムーズかつお互いの理解や連携にプラスとなるはずです。

③【奥さんの産休明けに取得】

奥さんが産休明けに職場復帰するタイミングで、男性が育児休暇に入るケースもあります。

奥さんの役職や職業的に長期の産休が難しい場合、あらかじめ産休明けをいつ頃にするのか前もって話し合ってから取得するのが大事。

復帰後は仕事の勘を取り戻すことに注力したいはずですから、家事や育児の負担を取り除けるように心がけてあげましょう。

育児休暇に必要な準備は?

  • 自分が育休取得の対象に当てはまるのか人事に確認する!
  • 上司や同僚、後輩に育休期間中の仕事の引継ぎ・連携を相談する!
  • かかりつけ医、病院の確認を行い検診時は可能な限り付きそう!
  • 休暇前から育児か家事の時間を設け、パートナーからレクチャーを受ける!
  • いざという時の関係各所への連絡先の確認を行う!
  • 育児休業給付金の申請状況を確認する!

そうなんです、実は男性にも育児休業給付金という国からの給付金が支給されるんです!

男性の育児休業給付金について

育児休業給付金 交代 育児休業

引用:育児休業給付金が引き上げられました!!

平成26年4月から育児休業給付金が引き上げられた事もあり、男性の給付金取得申請も増加していると予想されます。

加えて、平成29年10月から、保育に関する環境が整わない世帯には最長2歳まで給付金が延長されることが決まっています。

夫婦共に給付金を申請することで、休業中の金銭的な負担と不安を軽減ができます。

知らないと大きな損になるため、育児休暇取得を検討中の方は必ず確認して申請しておきましょう!

育児休暇の前と後、そして今後のビジョンを確認

育児休暇の取得が目的になってはいけません。

本来の目的は、パートナーと協力し家事や育児を担当したり、分担して家族を支えることです。

ですから、育児休暇中の出来事で満足しているだけでは十分とは言い難いでしょう。

主夫を目指すなら、育児休暇の前と後、そしてその後の変化を意識して人生設計を考えてみましょう。

  • 短時間勤を取り入れ、仕事と家事・育児とのバランス日頃から調整する。
  • 子供の看護や急用で仕事を休んだり、早退できるように日頃から調整する。
  • 転勤や部署移動を考慮して、キャリアプランをパートナーと相談する。
  • 残業や休日出勤の在り方について、上司やパートナーと相談・調整する。

育児休暇明けは、自身の考えがガラリと変わることがあります。

そうなった時、以前の在り方では無理があると感じる事も。

無理に元に戻そうとすると苦しいと感じるでしょう、しかし『調整』『相談』を行う事で新たな人生設計が見出せるはず。

あえて申し上げておくと、男性は相談が苦手。

特にパートナーに相談する事に慣れていません。

自分で考えることは大事です、しかし相談することで様々なアイディアや打開策がひらめきます。

しかし、相談なしに主夫はおろか育児休暇の取得は困難だと考えて下さい。

  • 家事=相談
  • 育児相談
  • 仕事相談

この図式を強く意識しておいてくださいね。

主夫&主夫願望のある旦那さん、奥さんが注意すべき事とは?

女性 ビジネ

パートナーが家庭に入り、主夫となった場合おのずと女性が働き大黒柱となって家計をまわしていくことに。

そうなった場合、女性にはどのような注意が必要なのでしょう?

お金の管理体制を話し合う

第一に、お金に関する事はきちんと話し合いましょう。

このポイントが抽象的なままだと、喧嘩の原因にもなってしまいます。

  • 収入と支払いのバランス
  • 二人のお小遣いの割合
  • 家計簿

家庭によってルールは異なるでしょうが、定期的に情報のシェアをパートナーと行いましょう。

時間の使い方について話し合う

家事や育児を担う主夫は、何かと時間に追われます。

そうなった場合、『効率が悪い』なんて口に出しそうになることもあるでしょう。

しかし、それはNGです。

もし改善を求めるなら、家事や育児の負担の割合を見直したり、何等かのサービスやツールを使い時間短縮の手助けを行いましょう。

家事や育児の主導権や分担を話し合う

主夫=家事・育児の全てを行う

というワケではありません。

家事や育児にも様々なパートがあります。

あらかじめハッキリと決めていれば、無用な衝突も避けられます。

例えば、次のようなイメージです。

夫(主夫)妻(勤め人)
子供のお迎え子供の宿題指導
子供のお風呂子供の寝かしつけ
料理掃除
洗濯ゴミ捨て

上記の様に考えると、協力の重要性が理解できますし、お互いの役割にまい進できますよね。

とは言え、パートナーが忙しく家事や育児に対する悩みを共有する時間がないという場合もあるでしょう。

そこで役立つのが『主夫メディア』です!

主夫になりたい方必見、お役立ちメディアを次で紹介します。

主夫になりたい方必見のお役立ちメディア

主夫業を始めるなら、これまで以上に難解な場面に遭遇するでしょう。

そんな時に頼れるのが、先輩主夫である方々が立ち上げたメディアです。

体験談からHOW-to、クスっとする内容までバラエティーに富んだメディアが予想以上にヒットしました。

今回はその中からいくつか厳選してご紹介します。

主夫お役立ちメディア①秘密結社「主夫の友」-NPO法人ファザーリング・ジャパン非公認組織-

主夫の友

引用:秘密結社「主夫の友」-NPO法人ファザーリング・ジャパン非公認組織-

「主夫を増やす」ことではなく、「選択肢を増やす」

”志はマジメに、手段はやわらかく”と軽いノリと暇つぶしで秘密結社を結成。

何とも現代らしいウェットに富んだ主夫メディア!

結成は2014年10月10日、主夫5人からスタートさせたとのこと。

  • 書籍発売
  • メディア取材
  • イベント開催
  • ブログ

多岐にわたり主夫情報を発信しています。

主夫になりたいあなたが絶対見るべきメディアと言えるでしょう。

主夫お役立ちメディア②ジモティー(専業主夫|メンバー募集|ジモティー)

ジモティー

引用:ジモティー 無料の広告掲示板

全国版で展開している無料情報掲示板のジモティー。

そこには主夫が大助かりの様々な情報や物が提供されています。

  • 主夫とも募集
  • 育児グッズの無料譲渡
  • スクール・セミナー告知
  • 不動産
  • 求人募集

生活に欠かせない全ての情報と物が揃うって言っても過言ではないでしょう。

筆者がお勧めしたいのは『おもちゃ』

興味の対象が日ごとに変わるお子様です、それに合わせて購入していては財政難!

ですが、ジモティーなら無料で譲渡してくれる人も沢山いるんです。

しかも、地元だから譲り受ける際にすぐに会えるのも助かります!

主夫お役立ちメディア③パパフレンド協会

パパフレンド協会

引用:一般社団法人パパフレンド協会

中国地方を中心に老若男女で「子育て」を盛り上げサポートしている団体です。

団体代表の北 佳弘さんは、最初に紹介したメディア、秘密結社「主夫の友」の会員です。

パパフレンド協会のおもな活動は次のようなもの。

  • 子育て世代/企業/行政への啓発活動
  • レクリエーション
  • 料理実習
  • 学生への啓発活動

サイト内ではパンフレットもダウンロードできるので、興味のある方は是非チェックを!

番外編:筆者おすすめメディアは『主夫の日々』

主夫の日々

引用:主夫の日々

主夫である河内瞬さんが運営するブログですが、とにかくリアル!

楽しい事や幸せな事ばかりだけでなく、辛い事や気づきをオリジナルの漫画で表現しています。

当事者だから分かる日々の出来事を配信しています。

このブログは主夫であろうが、なかろうがブックマークする事をお勧めします。

主夫ってすごい!

主夫も良いけど兼業主夫・共働きも十分あり!

公園 読み聞かせ

ここまで主夫についてお伝えしてきましたが、家庭を支え家事や育児に携わる在り方は主夫だけに限りません。

それが兼業主夫(けんぎょうしゅふ)』です。

兼業主夫という在り方、そして仕事と家庭とのバランスについて考えてみましょう。

完全な専業主夫でなくともよい

 </p

兼業主夫とは?

在宅やパート、アルバイトなど収入を得ながら家事や育児に携わるスタイル。

正社員の場合もあるが、妻よりも多くの時間を家事や育児にあてるため、時間調整がしやすい雇用状態にあることが多い。

兼業主夫を正確に定義することは難しいのですが、簡単にイメージするなら……

パートをする主婦パートをする主夫

です。

家事や育児をしながら、収入を得る在り方が兼業主夫です。

いきなり専業主夫をするには金銭的、精神的にハードルが高いと感じるなら兼業主夫を目指す所から始めてみましょう。

ワークバランスを見直してみる

ここまで色々とお伝えしてきましたが、主夫という在り方が頭をよぎった場合、いきなり行動に移すよりも現状のワークバランスを見直して下さい。

  • 残業が当たり前になっていないか?
  • 一人で仕事を抱え過ぎていないか?
  • 納期やタスク管理が雑ではないか?
  • 接待や付き合いで午前様が日常になっていないか?
  • 『仕事だから』の一言でパートナーに丸投げしていないか?

主夫になる前の下準備として、是非ご自身のワークバランスを見直してみましょう。

まとめ

父親 kiss 子ども

いかがでしたか?

主夫という存在についてお伝えしてきましたが、これだけは覚えていて下さい。

パートナーと相談&協力こそが最も大事!

ここさえズレなければ、アナタが主夫または兼業主夫になっても家庭はうまくまわるはず。

主夫は自分、そして家族を幸せにする存在です。

充実した未来設計のために、主夫となる一歩を踏み出してみましょう!